チームPLUS 1

ドゥカティオヤジのシングルレーサー参戦記

2004年春より1年間ドゥカティマガジンに出稿させて頂いていた、ドゥカティオヤジのシングルレーサー参戦記。この度最終号分の転記許可を頂きました。1年前の事ですが今でも鮮烈な思い出として心のまん中に陣取ってます。

ついに夢、叶う…!

イメージ意味不明のスッキリ感……なんで?と思うくらいスッキリ目覚めたレース初日早朝6時。「覚悟決めたって訳?」自分に聞いてみたりして。行くっきゃ無い! もんね。さー、53歳デイトナ・デビュー。

20年近く接している我がモンジュイ、空ぶかしでほとんど全てが計れる自分になってます。とりあえず日本より10番大きいメーンジェットに交換。 「スゲー! ちゃんと燃えとる。噂通りじゃ」こぼしたガスがアッという間に蒸発する、火炎伝播が異常に早い、オクタン価の高い悪魔のデイトナガス。日本のガスじゃ100%カブッてしまう筈。ひとつ間違うと即ピストンに穴が開きます。

セオリー通り、濃い目のセットで第1回目のフリープラクティスに臨みます。ドクドク・ドクドクと今にも爆発寸前状態に陥った我が心臓。初めてバイクに乗ったあの日もこうだった。

イメージ イメージ イメージ イメージ
空港でヘルメット・ツナギ他全て入ったトランクを紛失したまま迎えた車検日早朝のホテル前。どのホテルの前もハーレーがいっぱい エンジンかかって喜ぶ間もなく、ガソリンダダ漏れ状態に。白いパーツ(フロート)が変形してました。修正後の作動を確認してます エントリーするともらえAHRMAステッカーを大喜びして貼ってるボク ボクの為に用意してくれたスペシャルニードルをチェックするジンさん。感謝! です

いよいよコースイン。箱詰め前に慌てて組んだミシュラン・パイロットパワーの皮むき……を言い訳にしてソロリ・ソロリと走ります。昨夜穴の開くほど見たコース図を思い出しながら。「アメリカらしくシンプルなコースじゃ」と思ってたインフィールド。トコロがどのコーナーもえげつない程奥に行くにつれて曲がりこんだ複合コーナーの連続。全くカントが付いていない上にツギハギだらけの路面が、いつもの広域農道を連想させます。差し掛かったバンク入り口。予定通り? いやビビッたオヤジは一番下のフラットな所をソロリ・ソロリと走ります。右側はそそり立つ壁。「昨日見たヤツラはあの一番上走っとたよな」

イメージ イメージ イメージ イメージ
到着の報告に訪れた根本さんの部屋。既に少年モードに突入してるオヤジ達。「荷物出てこなかったらオレのツナギ貸すよ」と根本さん 二日目は早朝からどしゃ降りの雨。午前中のプラクティスをキャンセルして呆然と見上げる空。祈りが通じて決勝前には完全ドライ 四国チームの織原氏。朝からみんな凄い食欲。時差ぼけのお蔭? 本当はこれと同じ250君で走る予定だったんだけどなー。お手本です。綺麗だったなー

イメージ2周目、タイヤもサスも温まった我がモンジュイは「全開OK」の指示をくれました。ヨーッシと意を決して前車に続きマス。バンク制覇! 絶対最上段迄上がるぞ! 裏ストレート終わりのシケインを3速全開で立ち上がると自然にバンク上段に向かって進む我がモンジュイ。4速にシフトアップした所で左下に見えたのはトランポの天井。すかさず5速にシフトアップ。ウワー首が・首が・そう噂に聞いてた縦Gの初体験です。見えない巨人の大きな手のひらがジワーっと我が頭を抑え付けてきます。当然サスもフルストローク、路面の継ぎ目がダイレクトに車体を揺らすものだから見える景色が上下左右に動きマス。とりあえず大きな左コーナーと考えてアウト側のフェンスは絶対見ない様に……。遠くの左斜め下に目線を据えてひたすら全開。1万回転迄廻る我がモンジュイのエンジン。ヤッパ濃すぎたか9000回転で延々と止まったまま。走行抵抗とエンジンパワーがバランスした時間が永遠と続きます。意識の半分以上エンジンの様子を気にしながらの気の遠くなる限界走行。

イメージ イメージ イメージ イメージ
エンジンと話すひと時。いろいろ語りかけてくれます。なんたって19年一緒にいるもの 偶然見つけた韓国料理店で白いゴハンに感激のカーちゃん。右隣は四国オヤジ軍団長老横井氏。楽しいんだ。この人 心臓バコバコさせて待つ出走前の長ーい時間。同じサウンドオブサンダークラスを走った四国軍団笠井氏と748RS。見事3位入賞 いよいよデイトナデビュー。オヤジ大丈夫かなー。無理やり作った笑顔がわざとらしい

アットいう間に終わった初体験。ピットに戻った所で駆けつけてくれたのは根本さん。「オヤジー……飛ばしすぎだよ!」知らぬ間にリスクの高いトコロに身を置いてるんじゃないかと、心配して見ててくれたに違い有りません。「イヤーーー楽しい!」だれにも負けない笑顔で答えたボクでした。言葉に出来ないこの気持ち。

レースの方はどうだったかって?

全て最下位に違いないと思って走った今回の初挑戦、1日目決勝レースBOTF3クラス10位、サウンドオブサンダークラス13位。2日目は少し順位を上げF3クラス9位、サウンドオブサンダークラス11位で2日間のレースを人車共無事完走することが出来ました。ボクもバイクも完全燃焼!

イメージ イメージ イメージ
最終レースでまたもや入賞の根本さん。日本じゃ見えないこの笑顔 ご苦労サマ。とつぶやきながらの箱詰め。無事に日本へ戻って来るんだよ 初めてのバンクに硬直したオヤジの絵。最後には待ち遠しかったりして。バンク最高!
uchida2 「お前バイクに乗ることと直すこと、いったいどっちが好き?」「そりゃー乗ることに決まっとる」自分が乗って楽しいバイクをみんなに提供できたら……この楽しい世界を少しでも多くの人々に知ってもらえたら、それが一番幸せなこと。思い出した笑顔を忘れずに毎日過ごします。
また来るよ!デイトナ。70歳になっても乗れそうな250シングル君手に入れてるもんネ! 人生楽しまなくっちゃ!

デイトナギャラリー 当日の様子

イメージ イメージ イメージ
車検場にて。バイク用語は万国共通。どうにか通じた岡山弁でした 圧倒的なデカさ! パドック内を端から端まで歩くには5回の休憩が必要 見よ! 巨大なホットドッグ。これ1本一人前……そんな訳ないよね?
イメージ イメージ イメージ
一台として同じマシンは有りません。オーナーの愛情が伝わってきます ちゃんと消音器を装着したマシン。でも……爆音でした。えー音してました 車検が終わってホッと一息のライダー&メカニック
イメージ イメージ イメージ
飛行機がお空に落書き。アメリカだなー。空の青さに感激! 我がパドック。オーバーレーシング佐藤さん製作マシンOV23は注目の的 見よ! このデカカップ。むこうで唖然としてるのは今回同行してくれたマキちゃん。カーちゃんの親友です

注意:このコーナーで使用している全ての写真および文章すべては、DUCATI MAGAZINE誌のご好意で掲載させていただいているものであり版権は同誌に属します。無断転載・コピーは厳禁とします。