チームPLUS 1

RC根本さんデイトナ参戦随行記 ’02.5.10

皆さんこんにちは。すっかりのご無沙汰でした。コーバで家庭で独り言とタメ息はたくさん吐いていますが、なかなか筆が進まずこのコーナー久々の更新となってしまいました。今年(02)の2月27日から3月5日までの根本さんチームのデイトナ参戦随行記です。神宮司さんのトコの庄司さんとボクがメカニック担当として随行した次第です。本来ならイタリアでの研修記を先にアップする予定でしたが、こっちは間を空けたせいか何時書き上がるか全く不明。そうしたことから、デイトナでもらった熱い思いが醒めない内にここでご紹介したいと思います。レース自体はRC本誌に詳しく、RCのHPにはほぼリアルタイムでアップされていましたので、あくまで私・マサトの感じたコト、まぁ雑感となりますがご紹介します。

なっ、なんだこの広さは

17、8時間の長いフライト。ボクくらいになると(たった2回目だけど)どうにか凌いで、そんなに疲れも感じずにアトランタ着。乗り換えて、1時間くらいだったろうかデイトナにまずは到着。この空港、岡山空港の昼間くらいの人しかいないが、なんだこれは。壁が柱がコンコースが…デカイ、思いっきり広い。何処が滑走路やら、エプロンやら。着陸したら広過ぎて迷子になってターミナルまで辿り着け無いんじゃないか。ふぅーむ。こんなモンでビビってたまるもんか。民族の名誉に賭けてナメられちゃいけない。平静を装うボクだったのですよ。はい。

「照明だってムダに明る過ぎるって。明るきゃイイって思ってるんだろなぁ。そんなモンじゃ無いのよねー。ワビとかサビの味わいは解らないだろなー。だからヨーロッパにバカにされんだよ。西の果て、文化の果つるトコって。どーも何でもかんでも大造りな様子。何て言うのか、味わいとか繊細の美とかのキビを感じさせない…ムフムフ、フフフ。易し!こんな文化でコンマ2桁のクライアンスをビシッて決める奴なんて居ないんじゃない?」とかとか、必要以上に自らを鼓舞したりして、すっかりアメリカのデカさに呑まれてしまっていたボクです。さてさて、明日はディランドってトコで調整のためのレースです。

えっ!何?!これっ!

画像
ディランドでのレース終了後、ヘッドを外して焼け具合の確認。デイトナでの高回転巡航対策で、バルブスプリングを少し強めに、バルブクリアランスも広めにするボク(膝だけ見えている)と庄司さん

アメリカの雑さ加減もなかなかヨイものです。この調整レースはディランド空港でやるそうです。「草レースやるから、ちょっと空港貸してよ」ってな具合でしょうか。日本じゃ考えられませんよね。見渡す限り、ズドォーンっと広い。何処もかしこも飛行機が降りれそう。何処から空港かなぁーっとか考えている間に到着です。日本みたくフェンスで厳重に囲んであったりしません。

パドックの店開きです。えェっ!ここは…資材置き場か何かだったに違いない。皆のトランポが並んでいる前は…コース??何ナニ、ここで走るの?オフ用のタイヤが要るじゃないか!それに、V7はそんなに長いストロークの足持って無いよ。それにそれに、遠くに見えるアノ路面の模様は…砂かドロだよあれゃ。

ふぅーぅ。メカで来てて良かった。ライダーじゃなくって。根本さんはっていうと至って平静。到着してからってもの、終始ニコニコ笑顔で周囲のエントラントと交流。他チームも随分と和やかムード。このレースだって、デイトナ前哨戦。それにしてはとてもとても和やかでおっとり静か。まぁこの路面じゃリキ入れ過ぎるとロクなことになりそうにもない。

注意:このコーナーで使用している全ての写真は、ライダーズクラブ誌のご好意で掲載させていただいているものであり、版権は同誌に属します。撮影は木引カメラマンによって行われたものです。無断転載・コピーは厳禁とします。