チームPLUS 1

店主敬白

6.見た・乗せた・持って帰った・みんな呆れた

「うん。乗っとる、乗っとる」
 「それにしても乗せる時のあの車体の軽かったコト」
 「オレのオレの・・・う~んオートバイ屋になって良かった」
 「すぐに段取りすれば、明日には乗れる!」
 「どんナンだろうなぁ。多分、あんなんで、こんなんで・・・」
 「ムふっ。むフフフフ・・・」

 開業の年をほぼ無事に越して迎えた新年。軽トラの荷台に意識の95%以上を向けて、眼は虚ろ、口元は半開き。時々ニヤニヤ。R2沿いにあるスズキディーラーから当時お店の在った十日市を目指し、まるでイケナイ薬服用状態でひた走る私でした。87年の春は名ばかり、まだまだ寒い日の午前中のことでした。

お店に入るために中央分離帯切れ目をUターン。お昼前ってこともあり、かァーちゃんとお客さん、モトイ、常連が3人くらい居てこっちを見ている。かァーちゃんを除いて、皆さん全員が口をアングリ。

「みんなビックリじゃろナー。そりゃそうよナー
 なんてったってドゥカじゃからなぁ。
 タダのドゥカじゃ無いし。ムふっ。むフフフフ・・・」

と、思いながら、慎重に荷降ろしスペースに駐車。後から聞き及ぶに、私がUターンすること数分前、以下のような会話が店内であったとか。

「ありゃ。おトーさんお出掛けかな。検査?」
    スズキに行ったんよ。検査ならエンじゃけど

「スズキ?GSXRの商談でも有ってお客さんと同行なら
 エエことじゃが」
    独りでバイク見に行ったんよぉ。それが。
    昨日行って、今日また

「なんでまた2日も続けて」
    モンジュイが出てきたんよ。スズキに

「モンジュイ!そりゃおトーさん喜んだろ。熱も入る。
 でも限定完売したてだし、高額在庫になるから難しいなぁ。
 誰が買うのか見張りにでも行ったんかな」
    いいや。仕入れと違うんョ。自分用のつもりらしい

「自分用?そりゃ余計に難しいじゃろう。大きなお世話じゃけど」
    それが「もう1回『見に行く』。『念のために』お金
    持って行きたい」って、結局お金持って行っとんよ。
    百ウン十万も。ありゃ買ってくるなぁ

「いくらナンでも・・・あっ!帰って来た。あれれ!
 乗せとるで。赤/銀のカウル」

 開店前の「販売店にしてよ」押掛け陳情上京時、村山さんのショールームで出会ったモンジュイ。「私綺麗でしょ?」って彼女の言葉がココロの真ん中に鎮座して、まだ1年も経たない頃、スズキの営業マンS君が仕事の合間に現れた。

 彼の悪い予感が的中し、営業成績には全く協力出来てなかった当店。仕事抜きでゆっくり時間調整出来るお店として担当していだいた。いつものようにかァーちゃんと世間話。まぁたまには営業担当らしいコト言ってみる気がしたのか、

「そりゃそうと今度出たGSXR750、おトーさん乗らんかな?
 カタナ高く下取りさせて貰いますよ」

財務内情知っているから彼としても100%ダメ元の営業トーク。かァーちゃんとしたら、そんなの買ったら釣り銭、いや明日のおかずも買えなくなってしまうと、

「いやー、ウチのおとうさんはドゥカが欲しいらしい、
 去年出たモンジュイっての。あんだけカタナに惚れ込んで
 手に入れたんだから、国産車はあれでもうイイって言ってる」

との逃げ口上が聞こえた。そうか・・・覚えていてくれたんじゃ。モンジュイの事。さすがオレのヨメさん。時々怖いけど。

と、ところが数日後。いままで見たことの無い満面の笑顔で現れたS君。

「有ります!ウチの直営店に。ドゥカ。しかもカウルに
 しっかりモンジュイックと書いてあるドゥカなんですよ」

と、コーバに向かって言う。えっ!!持ってた工具を放り出して、5歩の全力疾走でS君にガブリ寄る。

「ホッホッ・・・ホンマに?」
「ええ、モンジュイックとちゃんと書いてあります」
「すぐ見に行くから会社に電話しといてくれる?
 すぐ行くから!今すぐ」

 嘘じゃろ、まさかモンジュイが岡山に・・・世界中にたった200台、去年すぐに完売されたモンジュイが岡山に有るってか?カタナに飛び乗って用水路の橋歩道5メートル。後方確認、さぁ人絹道路合流!・・・あっ、いかん。ヘルメット被っていない。慌てて自分の足で走って引き返す。すっかり少年している35歳の私。道中、ハートビートは5割増し。一気に目指すはスズキ直営店。今になって思うに途中の信号をちゃんと守ったかどうだか、今更ながら気に掛かる。

おォ・お・お・お~おっ
「ホンマにモンジュイじゃ。ホンマに」

 夢中の先に見えたのはまぎれも無いモンジュイだった。何故だか3メートルの距離を置き、呆然と眺める夢のバイク。「触ってもいいですか?」と喉まで出かけた言葉を飲み込ませてしまう程のオーラを放出されている以上に勝手に吸収。更に体内で増幅。爆発寸前の我が心臓。完全過呼吸状態。そのままの距離を置いて、外見からは焦点の合っていない瞳を見開いて立ち尽くす私。心配してか、お店の人の方が近づいて来てくださった。

「にひゃく・・・ですか・・・。下さい。買います。売ってください。イイですか」

と、一方的に言葉を残してお店にトンボ帰り